予備校はメリットが多い

問題を解いている

医学部は理系分野での最高峰学部です。特に国立の医学部を目指すのであれば、入試の出題傾向などをしっかりととらえ、取りこぼすことのない得点力を受験生に身につけさせる必要があります。そのため各予備校では過去の出題傾向をとらえ、それぞれの予備校の講師、職員が教材研究を行い独自のテキスト、授業を展開します。また独学で医学部の合格を勝ち取るのは非常に困難と言っても過言ではありません。よって、受験生が最も近い道筋で得点力を身につけられる予備校が生き残っていきます。また、私大系の医学部を目指すのであれば、入学後に1000万円以上の学費が必要となります。授業料の面でも予備校でそれぞれ差別化が図られております。予備校でスカラシップの制度を設けるなどし、受験生の学習意欲向上や学費負担を軽減させるような手段をとるところもあります。予備校に在籍していた受験生が合格し、合格実績を積み上げていくことが、医学系の予備校にかかわらず予備校としての事業を継続させていくには最も重要なことです。また、受講される生徒も様々です。受験生のニーズに合わせた授業展開やテキストの配布を行わなくては実績を残せません。以前ではライブの授業を重視している予備校が多かったのですが、複数の施設を有する予備校では人気のある講師の授業を衛星によって配信することも増えてきました。また、現役高校生での合格にこだわる予備校では、高校の授業が終わった後になることもあるため、ビデオによる授業展開をするところもふえているのです。

大事なポイント

合格を目指している

いい予備校の定義とはなんでしょうか。やはり合格実績が豊富な予備校でしょうか。もちろん、それも大事ですが、信頼できる教師がいるかどうか、テキストがしっかりしているか、勉強ができる環境が整備されているかなども大事です。

// more...

魅力的な予備校とは

疲れて寝ている女性

予備校へ通うことで効率よく勉強をすすめることができます。特に、医学部のような難関学部の場合は体系的な学習が必要なので、魅力的な予備校選びが大事。学習することの大切さを知ることができるような予備校へ行くことがオススメです。

// more...

トピックス一覧

授業中の様子

「みんながライバル。医学部へ合格したいなら予備校へ」のトピックス一覧です。

// more...